PresSyncで「キーワードID無効」エラーが出て投稿できない時の対策は…?

普段はノートPCでブログを書いてるけど、手持ちのiPad Miniでモブログというかタブログ?がしたくて、ネットで高評価だった「PressSync」というiOSアプリを入れてみた。

PressSync - for WordPress
ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ無料iOSユニバーサル

御本家WordPressも顔負けの高機能ぶりなので、あれこれ手さぐりで試しながらようやっと記事投稿までたどり着き、さーいよいよ記事投稿だー!と「保存」ボタンを押した矢先。

ガーーーーン!「403 無効なキーワードIDです」っていう見たことないエラーメッセージが出てきて、記事の投稿も保存もできない状態に・・・(泣)

「無効なキーワードID」って、どーすりゃいーの?!

ななななぜだ?!ってゆーか「キーワードID」なんていきなり言われてもマッタク意味がわからないんですけど!!

と早速グーグル先生に泣きついてみたところ、「presssync エラー キーワードidが無効」のキーワードでコチラの記事を発見。↓

PressSyncで投稿時に403無効なキーワードと表示された時の対処法 – Captain’s Log, Supplemental (PressSync作者御自身のブログのもよう)

原因はワードプレス本体とPressSyncの内容の不一致

なんでも上の記事によると、「403 無効なキーワードIDです」のエラーメッセージは、WordPressの管理ページにあるカテゴリやタグの内容とPressSyncアプリの方で記憶してる内容が一致してないことが原因らしい。

例えばWEB版WordPressの管理画面でカテゴリの内容を見直して、あとから項目を変更したり削除したり追加したりってことありますよね。

本来ならそうしたカテゴリやタグの変更内容をPressSyncの方にも反映させて最新状態にしておかないといけない。でそのために必要なのが「キャッシュの更新」って作業になるんだそう。ナルホド!(ってホントにわかったんかい)

PressSyncでカテゴリー(とタグ)のキャッシュを更新

ってことで、記事の説明を読みながら早速キャッシュの更新をしてみた。およその流れを以下、備忘録かたがた。↓

(1)投稿ページ左下の「投稿オプション」をタップ。
(2)「カテゴリー」横の「>」をタップ。
(3)カテゴリー画面右上の丸い矢印(?)をタップ。(これでカテゴリーの項目が最新状態に更新される)。
(4)「タグ」についても上と同じ作業を繰り返す(これでタグも最新状態に更新される)。
(5)投稿ページに戻り、「保存」をタップして「公開」「下書き」「非公開」「ローカル」のどれかを選択。

問題解決!と思いきや・・・

よっしゃコレでよーやく投稿ができるウ♪と喜んだのもつかの間。ナヌーーー?!そこには非情にもさっきと同じ「403 無効なキーワードIDです」が・・・

ちょっとーそんなハズじゃないんだけど!!完全にワードプレス初心者のキャパを超えた事態に涙目(オオゲサ?)でまたもや検索。

すると、今度はコチラの記事を発見、読み進むうちに一筋の光が!

投稿できない – kiyoshiroのBAUMな日記

カテゴリの指定が必要だった

この記事によると、どうやら記事に何もカテゴリを選択してなかったのが問題らしい。

つまりPressSyncで記事を保存(投稿)するためには、少なくとも1つ何かカテゴリを選択しないといけないってことね。

早速、さっきと同じ手順で「投稿オプション」→「カテゴリー」と進み、とりあえず1つカテゴリを選んで再挑戦!すると・・・

今度はエラーメッセージが出ることなく、ちゃんと保存に成功。ヤッターーーー!(でも疲れた・・・)

まとめ

ってことで、もしもPressSyncで記事を保存しようとした時に「403 無効なキーワードID」のエラーメッセージが出て先に進めなくなっちゃった時は、以下の2つを試してみるコト。

(1)投稿オプションのカテゴリ(とタグ)を最新状態に更新する。それでもダメなら、
(2)更新後、投稿オプションにもどりカテゴリを少なくとも1つ選択する。

こんな風にちょっとひと癖ある?PressSyncだけど、慣れたらきっとモブログが捗りそうな予感。いつのことやらって感じですが。ふぅーー

PressSync Pro - WordPress Blogging App
ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ¥360iOSユニバーサル

↑↑複数ブログを運営するならPro版一択。ワタシは広告が出ない点が気に入って(ブログは1個だけなのに^^;)早々とPro版にしちゃった次第。