【ベストボディ映像も】西川貴教の筋トレ歴はいつからでキッカケは?やり方が気になる!

西川貴教の筋トレ歴やメニューをチェック!気になるヒト

西川貴教(にしかわたかのり)さんといえば、ソロプロジェクトのT.M.Revolutionボーカルとして超有名ですよね。

現在は歌手活動のみならず作詞家、俳優、タレント、ラジオパーソナリティーと幅広く活躍されています。

そんな西川さんですが、1996年のデビュー当時は細身のイメージだったのがいつの間にやらムキムキモテマッチョに!

ここ数年は筋トレでアスリート並のバキバキ腹筋を身につけ、「筋肉系アーチスト」と呼ばれるように。

そしてついに先日、健康美・筋肉美を競う『ベストボディ・ジャパン2020日本大会』のゴールドクラス(50歳~59歳)部門で見事優勝

コンテストの動画を見てみると、ホントに50歳とは思えないキュッと引き締まった美しいカラダ。

こんなモテマッチョ美ボディに仕上げるために、一体どんなメニューで筋トレをしてるのかしら…?

そして筋トレにハマるキッカケやトレーニング歴、さらに若い頃と現在の体型比較などなど、いろいろ興味がわいてきたので、早速調べてみました~

西川貴教の筋トレ歴

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

西川貴教(@takanori9nishikawa)がシェアした投稿

西川貴教プロフィール

  • 1970年9月19日(50歳)
  • 出身:滋賀県野洲郡
  • 身長:161センチ
  • 1989年(当時19歳)にバンドデビュー
  • 1991年1月にLuis-Maryでインディーズデビュー、7月にはメジャーデビュー
  • 1996年~TMRevolution としてソロ活動

西川さんの筋トレ歴はかれこれ20年近くになるとのこと!

2000年、30歳を迎える頃に「年齢による体力の衰えを感じた」ことがキッカケだったようです。

実際、2015年のテレビ出演時に「15年くらいずっと筋トレを続けている」と話しています。

そして2015年4月にインスタグラムをスタート。コチラが記念すべき初投稿の写真です。

若い頃と比べるとかなりマッチョな感じになってきてますが、まだムキムキ度は抑え気味で細マッチョなイメージですね^^

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

西川貴教(@takanori9nishikawa)がシェアした投稿

筋トレを始めたきっかけ

TMレボリューションのライブといえば激しく運動量が多いことで有名。

また西川さん自身も声量オバケと言われているほど全力投球で歌うため、1回のライブでかなりの体力を消費。

実際ライブのステージでは何度も脱水症状で失神し、年齢を重ねるごとに次第に体力に不安を感じるように。

とりわけ年間100本近いライブをこなしていた時は、体力消耗がハンパなく、いくら食べても体重は減り続ける一方…

さらにライブだけでなく舞台の最中にも肩を怪我した経験から「今後ライブや舞台で二度とケガしたくない」と痛感。

そんなところに「芸能界の筋トレ先輩」ダウンタウン浜田雅功さんにも強く勧められたことがキッカケでジム通いをスタート。

以来、現在に至るまで、西川さんは声量や体力を保つためにスタミナ強化のトレーニングを欠かさず続けているということです。

筋トレの内容や方法

筋トレメニュー

西川さんは以下の内容のトレーニングを1回2時間ほどかけてこなしているそうです。

頻度は週4回程度(=ほぼ1日おき)。ガチのフルメニューですね~!

  • ランニング/約30分
  • 腕立て伏せ/10回×10セット
  • 腹筋/100回連続
  • レッグアダクション/20回×4セット
  • レッグアブダクション/20回×4セット
  • 背筋/10回×10セット
  • 壁倒立/10回×5セット
  • ラットプルダウン 50kg~80kg/60回
  • 懸垂/10回×5セット
  • 腕立て伏せジャンプ/10回×5セット
  • ベクトラルフライ 45kg/8回×5セット
  • ベンチプレス 35kg~75kg/10回×6セット
  • トライセプス/10回×4セット
  • 自転車でのインターバル/10秒×5セット

筋トレの場所

トレーニングには「メインで行っているジム、メンテナンスと体幹を重視したジム、汗だけをかくジム」と用途に合わせて3つのジムを使い分けているそう。

その一つは滋賀県大津市にある「W/O PERSONAL TRAINING GYM

さらに体の可動域を広げるため、「ピラティス」用のジムも検討中。

忙しくてジムに行く暇がない時も必ず筋トレグッズを持ち歩き、体型維持に努めているそうです。

食事や生活習慣

糖質や炭水化物の摂り過ぎに注意。

1日に最低でも3L、多い時は5~6Lの水を摂る。

これは「水を取り込むと体が体温を戻そうとして熱交換が起き、エネルギー消費が発生する」からだそう。

また最近はグルテンフリー、カゼインフリーを実践し、玄米や大豆、えんどう豆など植物由来のプロテインを取るように。

一度バラエティ番組に出演した際に自家製「マッスル弁当」を持参。中身はささみや卵白、ひじきハンバーグ、きのこ、さつまいもなどだったそうです。

朝は7時30分に起きて8時から40分ほどランニングをしたあと9時ごろ朝食。

昼は軽い食事で済まし、午後はジムを3軒ハシゴすることも!

ジムの合間に再び軽い食事をし、19時ごろ夕食。

このような形で食事を1日4回に分けることで、血糖値が上昇するのを抑え、太りにくくなるのだそう。

「筋肉系アーチスト」としての活動

上のようなストイックな筋トレと食生活の結果、現在の体脂肪は9%

2017年4月には筋トレ本「おしゃべりな筋肉」も出版。

本の中ではその筋肉美をあますことなく披露。またメンタルを鍛えることの重要性についても力説しています。

2019年12月からはNHK「みんなの筋肉体操」に不定期で出演。

武田真治さん・村雨辰剛さん・小林航太さんなどの筋肉ファミリーの仲間入り!

2020年9月には「ジャンクSPORTS」に出演し、筋肉生活な日々を披露。

現在新たな写真集を撮影中とのことなので、楽しみですね~!

筋トレビフォー・アフター比較画像

ビフォーアフター比較画像

筋トレ前(=30歳くらいまで)

デビュー当時のヒット曲「HOT LIMIT」の映像です。↓
ホントにスリムで中性的なイメージですね。

若い頃はナント女子向けの雑誌「CanCam」で「西川貴子」として女装姿でモデルデビューしたという西川さん。

当時は身長161cmに体重41kgとかなりスリム。確かに女性といっても違和感ない華奢なイメージです~

筋トレ後(~50歳現在)

先日ゴールドクラス(50歳~59歳)部門で見事優勝を果たした「ベストボディ・ジャパン2020日本大会」の時の写真です。カッコイイ!(ツイッター)

まとめ

この9月の誕生日で50歳を迎えた西川さん。でも20年の筋トレのおかげでカラダはもちろん表情もとっても若々しいですね!

より多くの人達に、より長く最高のパフォーマンスを届けたい」とストイックに淡々と筋トレを続ける姿は素晴らしい。

今後もライブやコンサート、舞台などはもちろん、「モデルジャパン2020」の優勝をきっかけに「筋肉アーチスト」としても増々の活躍を楽しみにしています!

タイトルとURLをコピーしました