逃げ恥SPで話題のシロカ(Siroca)電気圧力鍋の口コミが気になる!ホントに便利?

シロカ(siroca)電気圧力鍋の口コミを徹底チェック!気になるモノ

1月2日に放送された『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!(逃げ恥新春SP)』。

ストーリーが面白かったのはもちろんですけど、それ以外に津島家の自宅がステキだったのが印象的でした~

オシャレな家具や家電がいろいろ出てきましたが、とりわけ気になったのが白い炊飯器のような電気鍋。

早速ググってみるとネットでも話題になっていて、シロカ(Siroca)というメーカーの電気圧力鍋だとわかりました。

いわゆる「ほったらかし調理」ができる電気鍋ですね。でもシロカって初耳だけど日本のブランド…?

メジャーなシャープや象印みたいに信頼できる?価格はどの位でどこで買えるの…?など興味津々。

前からこの手のスロークッカー的な家電に興味があったので、この機会に早速調べてみました~

スポンサーリンク

そもそもシロカ(siroca)とは…?

何を隠そうシロカという名前自体を今回初めて聞いたもので(^^;)一体どんなメーカー…?と気になり早速チェック。

すると2000年創業で東京に本社を置くレッキとした日本メーカーでした。

もともと家電の販売からスタートしましたが、自社製品を開発したいと2010年頃からメーカーに転身。

シンプルでおしゃれ、かつリーズナブルな製品を消費者に届ける」というのが基本コンセプトだそうです。

リーズナブルな販売価格を実現するためにやっているのは

  • 過剰な機能を省く
  • テレビCMなど宣伝広告に費用をかけない
  • 自社工場を持たず(製造は台湾や中国に委託)販売のみを行う

ナルホド~そういうポリシーゆえに「知る人ぞ知るメーカー」、しかも他社製品よりオトクな価格だったワケですね~!とまずはナットク^^

シロカ株式会社

シロカの電気圧力鍋とは?

ヒトコトで言うと、1台6役の多機能で、誰でもカンタンにおまかせで本格的なお料理ができちゃうという電気調理鍋です。

以下、メーカーの紹介ビデオです↓

特長

(1)簡単

材料と調味料を一緒に入れるだけで誰でも本格料理が作れちゃうお手軽さ。

逃げ恥SPの中でも、平匡さんがこの調理鍋でササッとお味噌汁を作り、来訪した両親をアッといわせてましたよね。

(2)ほったかしOK

最初に材料を入れてスタートボタンを押したら、あとはお鍋が勝手に(?!)調理

ガス火調理のような火加減がいらず、ずっとつきっきりでそばにいる必要がなく、調理中に他のことができるのは助かりますよね~!

おでんのような煮込みに時間のかかる料理も、スロー調理機能でコトコトほったかしで出来上がり。

(3)時短

蓋を密閉して圧力をかけて調理するので、煮込み料理なども通常より短時間で出来上がり。

スポンサーリンク
(4)安全

圧力をかける…と聞くとちょっと怖いイメージかもしれませんが、この調理鍋はフタが2重の「ダブルロック」式なので安全。

(5)栄養たっぷり

鍋を密閉するので、食材の水分だけで調理ができて濃厚な味わいの仕上がりに。

と同時に食材のもつ栄養分も逃がさずシッカリ摂れるのも嬉しいですね。

(6)1台6役

上に書いた圧力調理無水料理スロー調理以外に蒸し調理温め直し炊飯機能もついていて1台6役の多機能ぶり。

ご飯もこれで炊けば炊飯器を別に買う必要もなくスペース省略にもなりますね。

(7)デザインがおしゃれ

シンプルだけどコロッとした形がオシャレでかわいくて、キッチンに置いてあるだけでクフッとできそうなのが嬉しい❤

毎日イヤでも目にするモノなので、どうせなら見るだけで気分がアガるデザインの方がいいですよね。

(8)コンパクトな作り

これだけ多機能な割にはコンパクトな作りで場所を取らないのはモノが多いキッチンではありがたいですよね。

(9)オトクな価格

Sirocaというマイナーな?ブランドの分、シャープや象印といったメジャーなメーカー製品より同等の機能でお値段は安め、と高コスパ。

以下、上の特長を簡潔に説明している動画です。↓

こんな人にオススメ

上の特長を考えると、シロカの電気圧力鍋は以下のような人の強力な助っ人になりそうです~↓

  • お料理があまり得意でない人、お料理初心者の人
  • お子さんや高齢者など、安全面が大切な人
  • 仕事や子育てで忙しく時間がない人
  • 少なめの予算で高コスパの製品を求めている人

サイズと価格

シロカ電気圧力鍋には2種類の容量2リットル4リットル)があります。

それぞれの型番と目安の実勢価格は以下の通りです。↓

SP-D131(2リットル=1~3人用):13800円(税込)
SP-4D151(4リットル=2~6人用):19800円(税込)

ちなみに「逃げ恥SP」で使っていたのは、小家族用の2リットルのモデル(SP-D131)とのことでした。↓↓↓

コチラは大きめ4リットルのモデル↓↓↓

口コミと評判

ネットでシロカ電気圧力鍋の口コミ・レビュー評価を集めてみました。

メジャーな通販サイトでチェックすると、全体的には

  • 楽天で約95%
  • アマゾンで約83%

好意的な評価でした。

以下、抜粋で御紹介を…↓

【良い口コミ】★★★★~★★★★★
  • 材料ポイポイ入れてスイッチ入れて放置できる簡単調理
  • プリセットメニューや操作も簡単で使い勝手が良い
  • 調理している間に他の事ができるのでとても助かる
  • 0歳の子どもがいるので、料理はコレにお任せで遊んであげられるのが嬉しい♪
  • フルタイムのワーママ的には帰宅して材料を入れて調理中に他のことができるので助かる
  • 火を使用しないので、子どもが近くにいても安心
  • 高齢の母にも安心して使ってもらえる
  • 普通の圧力鍋よりグッと音が静か
  • 他メーカーと比べてお手頃価格なので気軽に買って試せる
  • シンプルでオシャレで置いてあるだけでテンションアップ!
  • 夫婦2人分にちょうどいい大きさ
  • 大人2人+小さい子供の我が家には丁度良いサイズ
  • コンパクトで邪魔にならない絶妙なサイズ感
  • ご飯が素早く炊けて美味しい
  • 肉じゃがや筑前煮など柔らかくできて美味しい
  • 炊飯器を買うより1台で用途が多く便利
  • ガス火だと時間や火加減が気になるゆで卵や蒸し野菜もラクラク
  • 取り外せるフタなので洗い物もラク
  • パーツの取り外しが簡単で、本体以外は洗えて衛生的

siroca電気圧力鍋のパーツがどのようになっているのかを見たい方はコチラの動画をどうぞ。↓

【マアマアな口コミ】★★★
  • 加圧後の圧力ピンが下がるまでに13分ほどかかるので、トータルで大きな時短にはならない
  • ピンが下がるまでの時間が結構長いので、作る時はその時間を考える必要あり。
  • レシピ通りに肉を煮たら硬かった。肉の種類によっては余分に加熱が必要
  • 思っていたより小さい。がんばってやっと二人分。
  • 蓋がちょっと開けづらい。いつも取扱いにひと苦労。
  • パッキンがゴムなので料理の匂いがつきやすい。
  • 炊飯以外は保温ができない
スポンサーリンク
【悪い口コミ】★~★★
  • 5回ほど使ったらスイッチが入らなくなった
  • 購入わずか1ヶ月で故障
  • 2度の使用で電源が入らなくなった
  • 数回使用後に本体フチの黒っぽい金属コーティングがはがれた
  • 内蓋をつけ忘れて水びたしになり故障
  • ゴムパッキンが非常に臭い
  • パッキンの匂いが強く、煮沸しても重曹でも消えない。ご飯にも匂いが移る
  • 蓋の開け方、閉め方がわかりずらい
  • ボタンの反応が悪い
  • 内釜も内蓋も作りがチャチ
  • お米を毎回失敗して炊けなかった。
【ツイッターでの評判】

まとめ

以上、「逃げ恥新春SP」で話題になったシロカ(siroca)の電気圧力鍋について、特長やサイズ、価格や口コミ、レビュー評価などを集めてみました。

もう一度この調理鍋の主なメリット・デメリットをまとめてみます↓

【メリット】
  • 誰でも簡単・安全に美味しい料理ができる
  • ほったらかしでいいので、調理中に他のことができる
  • 他社有名メーカーと比べてオトクな価格
  • オシャレなデザインでコンパクト
【デメリット】
  • フタの開け締めがわかりにくり
  • ゴムパッキンの匂いがなかなか取れない
  • 中フタをつけ忘れると水に浸って壊れる

確かにお値段がオトクな分?「ハズレ」を引いてしまう可能性もそれなりに…

でもサポートはしっかり対応してるようですし、トータルではメリットの方が大きそう、というのが率直な印象でした。

あとはとにかくデザインがステキで気分がアガるのも嬉しいですよね(女子的には意外と大事なポイント^^;)。

お値段も安めですし、これから電気調理鍋の購入を考えてる方はぜひ気軽にチェックしてみては?

っていうかワタシもチェックしてきます!(でもアマゾンだと1ヶ月待ちになってる…)

タイトルとURLをコピーしました