兵庫「但熊」卵かけご飯セットを通販で!口コミや取寄せ方法など【NHK 逆転人生】

兵庫「但熊」の卵かけご飯を通販でお取寄せ♡グルメ

兵庫の人里離れた山間にある卵かけご飯定食の銘店、「但熊(たんくま)」。

これまで「たけしのニッポンのミカタ」などテレビでも何度も紹介されています。

そんなこともあり、最寄り駅から車で40分という交通の便の悪さにもかかわらず毎日大繁盛。

人口140人の村に平日でも150人、休日には300人が全国から詰めかけ、ナント待ち時間は平均2時間

実際、店長自ら大事に育てた鶏の卵は、シッカリした黄身と濃厚な味で一度食べたらヤミツキとか。

名物の卵かけご飯定食(普通盛り、汁物、香物付き)は410円で絶品卵が食べ放題

またお米も卵がけご飯に合うよう自ら育てた専用品種を使用するコダワリぶり。

ああ食べてみたい…でも兵庫は遠いし…と思ってたら、「但熊の卵かけご飯セット」は通販でもお取寄せできると知り、ヤッタ~~!

ということで早速お取寄せの方法や口コミなど、以下にまとめてみました^^

スポンサーリンク

但熊 卵かけご飯セットの通販内容と価格

まずはセット内容の写真を…↓

ということで通販セット内容は以下4点です:

  • 12個、専用米1kg、専用醤油1本(150cc)、牡蠣醤油1本(150cc)
  • 価格:3564円(送料無料、ただし北海道・沖縄は別途)

購入については、

  1. 「但熊」公式サイト内の販売ページから直接、または
  2. 楽天市場やYahoo!ショッピングに出店している「あるまま」というショップ経由(下記)

のいずれも可能です。

価格自体はマッタク同じなので、楽天やYahooのポイントを集めてるかどうかなどで購入ショップを選ぶとよいのでは?

では以下、セット内容の詳細をひとつづつ見ていきましょう~

ああこの黄身の盛り上がりっぷり、見るからに美味しそう…♡↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

こりん_関西グルメ(@ystagram_gourmet)がシェアした投稿

「但熊」卵かけご飯の主役&美味しさの秘密!名前は「げんちゃんのクリタマ」。

店主の西垣源正さんの名前と兵庫県但東町栗尾(くりお)でしか作り出せない卵、という意味が込められているそう。

「クリタマ」はすべて西垣さん自身の養鶏所「西垣養鶏所」で飼育している鶏の卵。

全国にたった2%しかいないという岐阜県産の純国産鶏「後藤のもみじ」(「ゴトウのヒヨコ」)を大切に育てて使っています。

山に囲まれた田園地帯という恵まれた自然環境の下、ニワトリのことを第一に考えてのびのびと飼育してるそう。幸せなニワトリ達ですね^^

「クリタマ」の主な特徴は以下3点。↓

  • 殻が褐色の「赤玉」
  • 手でつまんでも崩れないしっかりした黄身
  • 濃厚だけどクセのない味わい

双子の卵!まさに自然のまんま~↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

但熊(西垣養鶏場)(@tankuma.tkg)がシェアした投稿

さらにエサにも以下のようなコダワリがいっぱい。

  • 遺伝子組換えでないトウモロコシや海藻類など、25種類の天然素材を独自に配合した自家製飼料
  • 抗生物質・酸化防止剤は一切不使用
  • 減農薬栽培、収穫後の薫蒸処理なし

ストレスのない環境で大切に育てられたニワトリさん達…なるほど美味しい卵を産んでくれるワケですね~

なお但熊の「クリタマ」は卵だけでも購入できるそう。

ただし40~80個入り!と結構な数^^;

なので、卵かけご飯以外にケーキとかオムレツとかアレコレ試してみたい!とかご近所さんと共同購入、とか用ですかね…

お米

お米は「夢ごこち」という卵かけご飯専用に開発された品種。

卵同様、但東町栗尾で店主の西垣さん自ら有機栽培で大切に育てたお米。

同じ場所の水・空気・土・気候で育ったもの同士なので相性バッチリ!

しっとり粘りがありモチッとした食感の中にかすかな甘みのある味わい。

低アミロースで冷めても美味しく、お弁当やおにぎりにもバッチリだそう。

それにしても卵かけご飯専用のお米を研究所に開発してもらうとは、並々ならぬコダワリようで脱帽です~

但熊オリジナル醤油

店内食堂で使っている卵かけごはん専用の醤油。その名も「但熊オリジナル たまごかけごはんしょうゆ」。

本醸造醤油をベースにして、かつお、昆布、シイタケからとった出汁を加え、さらに酒、みりんをくわえたオリジナルブレンド

卵の繊細な風味を引き立てるように濃すぎず、でも深みのある味わいが特徴。

かき醤油

こちらは牡蠣の本場・広島のアサムラサキ謹製。

アサムラサキ

牡蠣のダシがしっかり効いて卵(クリタマ)の濃厚さに負けないコクのある味わい。

上の「卵かけご飯専用オリジナル醤油」とは全く異なる味わいが楽しめるそうですよ。

ちなみにモンドセレクション2013最高金賞も受賞の製品です。

スポンサーリンク

但熊 卵かけご飯セットの口コミと評判

以下、通販のレビューからの抜粋です。↓

今まで経験したことのない、異次元の卵かけご飯
卵もお米もスッキリさっぱりしたおいしさで何度食べても飽きない
2種類の醤油が卵かけご飯と相性が良くて驚きました
卵がチーズのようなクリームのような味の濃さ
本当に卵が濃厚で、黄身はもちろん、白身も一塊という感じ

以下、ツイッターで見つけた写真入り口コミをいくつか。↓

「但熊」について

のれんにも味があります… ↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

角本 容(@taikobo_kaku)がシェアした投稿

店舗情報

  • 住所:豊岡市但東町栗尾916
  • 営業時間:10:00~18:00 (L.O.: 17:30)
  • 定休日:無休(12月31日~1月3日、8月14日休み)
  • 電話:0796-55-0901
  • 公式HP

主なメニュー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

あやか(@ayaka.hiro1104)がシェアした投稿

  • 卵かけご飯定食410円(普通盛り、汁物、香物付&絶品卵が食べ放題!)
  • オムレツ250円
  • 珈琲とシフォンケーキ450円
  • プリン270円
  • ズコットチーズケーキ(カット)230円
  • シフォントケーキ(カット)250円

口コミを見てると、プリンもとっても美味しいと評判でした~通販では取扱いがなく残念!

なお卵かけご飯定食に使われている卵「クリタマ」やお米「夢ごこち」、専用醤油などは、店の隣りの直売所「百笑館」で購入できます。

店主・西垣源正の逆転人生

「生まれ育ったこの地の高齢化に伴う過疎化を止めたかった」という店主の西垣源正さん。

そこで考えたのは、父から受け継ぎ育てていた卵+米を使った卵かけご飯での地方おこし

「家でも食べられる卵かけご飯なんて、客が来るのか」という周囲の反対を振り切って開店。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ユウナ(@yuna.yamanaka)がシェアした投稿

開店後はひたすら新鮮な卵と良質な米を低価格で(410円/開店当時は350円)提供。

次第にツーリングのバイカーたちの口コミから評判になり、今では3時間待ちも珍しくない大人気店に。

現在69歳の西垣さん。もうすぐ養鶏場など全てを3代目となる義理の息子さんに譲るそうです。

卵かけご飯で地域おこしをして一旗あげる!そんな無茶な夢を描いた西垣さんの逆転人生はナント本にもなってるそうですよ~↓

まとめ

以上、兵庫「但熊(たんくま)」の卵かけご飯の通販お取寄せに関する情報でした。

直接お店まで足を運ばなくても同じ味が通販で楽しめるのは嬉しいですね!

店長の西垣さんが大切に育てたニワトリの産む新鮮な卵。

鳥たちが自然に産む卵は数が限られているため、1日に販売できるのは10セット程度とのこと。

なので販売中になっていたら速攻で購入するのがよさそうですね。

私も「奇跡の卵かけご飯」を夢見て早速チェックしてきます~!

タイトルとURLをコピーしました