新貝晃一郎の手作り木綿布団の価格や口コミが気になる!通販はある?【NHKプロフェッショナル】

新貝晃一郎の手作り木綿布団の口コミや価格は?気になるヒト

寝具って、良質な睡眠と休息のために毎日お世話になる大切なものですよね。

そんな私達の「心地よく眠りたい」という希望のために全人生をかけているのが静岡・新貝ふとん店新貝晃一郎さん。

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも日本一のふとん職人として紹介されました。

細部までこだわりぬいて仕上げるフルオーダーの木綿布団は腰痛などに悩む人達から注文が殺到。

半年待ちで手にするその極上の寝心地は一度味わったら忘れられないそう。ああ体験してみたい‥!

と、新貝さんの手作り木綿布団の価格や注文方法、口コミ評判などを早速チェックしてみました~

スポンサーリンク

ふとん職人・新貝晃一郎の手作り木綿布団【プロフェッショナル】

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

鈴勝子(@suzu_katsu_5)がシェアした投稿

ひとつひとつの布団に魂を込める「ふとんの匠」、新貝晃一郎。

モットーは「誰にでもできることを、誰にもできないくらいやる」(カッコイイ~!)。

特長

もともと腰痛にいいといわれている木綿布団。理由は、

  • 使用されている昔ながらの木綿わたが保温力に優れていることと、
  • 使っていくうちに自分の身体になじんでくる

からだそうです。

それに加えて新貝さんの手作り木綿布団には一流のふとん職人ならではの以下の特長が!↓

(1)
インドや南米など世界中から厳選した木綿だけを仕入れ、独自の配合で調合。
(2)
布団仕立て技能の研鑽を重ね、理想の弾力と肌触りをとことん追求。
(3)
ピンと四隅の角まで綿の入った張りのある美しさと寝心地の良さ
(4)
静岡県産の遠州綿紬を使った綿100%の布団。(綿100%の方が寝心地も良いし、カラダにも優しい♡)

さらに、

  • 掛け布団は冬場でも熱を逃さずに冷たさを感じさせない
  • 敷き布団は天然繊維の木綿わたを使用し、保温と弾力性に優れる

といった特長も。そしてとってもフンワリ軽いそうです。

木綿布団というとどうも昔のドシッと重たーいイメージがあったんですが…

日本一の職人の手にかかるとそんなに軽い掛け心地なんですね!

ああ試してみたい…

口コミと評判

素材から技術まですべてにこだわり、究極の布団作りを追求する職人魂バリバリの新貝さん。

それゆえ「完全手作り」の少量生産品となるためか、ネット上でも口コミはかなり少なめ…

そんな中、あちこちチェックして集めた口コミが以下の通りです。↓

フカフカが気持ちよく、朝までぐっすり眠ることができた。
布団は固すぎず柔らかすぎず心地良い。
腰痛持ちだが、綿がスミまでしっかり入りピーンとしているので良く眠れた。

またGoogle Mapでは新貝さんの店「新貝ふとん店」に関して以下2件の口コミが。↓

遠州織物の色合いといい座り心地といい最高の出来の座布団☆毎日、愛用している絶品です👍

ゴロンと横になってみた。

そのまま1時間お昼寝。柔らかすぎ硬すぎない

ああ。この心地良さは寝てみないと伝わりませんね!

遠州綿紬の木綿布団。最高です。

さらに、こんなレビュー記事も。↓

柔らかすぎず硬すぎない心地良さ。朝までぐっすり眠ることができました。

この心地良さは言葉では伝えられない。写真で伝わるといいですね。

新貝ふとん店さんに注文した木綿ふとんができたぞー! | 静岡のウェブサクセス・ブログ!
ホームページ制作に関する情報やスタッフの日常を更新しています。

ウーンさすがは「ふとんの匠」といわれるだけあって、評判は上々の模様。

ナルホド腰痛持ちの人などが半年以上待ってもホシイ!と思うワケですね~

種類と価格

残念ながら新貝さんの店「新貝ふとん店」の公式HPに価格表のようなものは掲載がありませんでした。

やはり一人一人のお客さんのニーズに合わせたフルオーダー品になる性質上、一概にいくらという定価は決められないんでしょうね…

木綿わた布団づくり|【新貝ふとん店】綿100%の手作り布団
新貝ふとん店の手作り布団は、綿100%です。お客さまの体格や生活スタイルによって、中に入れる綿をブレンドします。栽培産地によって長さ、硬さ、太さなどに違いがあるので、よく吟味して、綿の配合の比率を変えています。

それでもめげずに(?!)調べていくと、以前楽天市場で「新貝ふとん店」の布団を扱っていたショップの「痕跡」が。

当時の価格ということで以下の価格が見つかりました。↓

  • 掛け布団シングル:29,000円~31,500円位
  • 敷き布団シングル:40,000円~42,000円位
  • 掛け布団ダブル:43,000円
  • 敷き布団ダブル:63,000円

もちろんあくまでも一例ということですが、価格の目安にはなりますよね。

ただしこのようにあらかじめ決められたお値段での販売ということは、既製品の可能性も…?

なので現在の新貝さんがメインとされているお客さん一人一人に合わせて作る完全注文生産品のお値段とは違うかもしれません。

では気になるフルオーダー品のお値段は…?

当然ひとつひとつの作りが違うので一概にはいえませんが、敷布団のみの注文でおよそ5~6万円という情報もありました。

さらに、雑誌「BRUTUS」の企画で新貝さんの店で布団と座布団を注文した時の記事を発見。

取材を担当したのはナントあのテクノポップユニット「Perfume」のかしゆかさんでした!

古今東西 かしゆか商店【遠州綿紬の小座布団】
日常を少し贅沢にするもの。日本の風土が感じられるもの。そんな手仕事を探して全国を巡り続ける、店主・かしゆか。今回出会ったのは、静岡の地場産業・遠州綿紬の小座布団。日本随一の布団職人がつくる、ひとり分サイズの名品です。

その時のお値段は、敷布団のみの注文で約6万円小座布団で8,000円ほどだったとか。

下の写真の製品(共に注文製作)価格は、それぞれ

  • /極上綿プレミアム小座布団(1辺50cm):8,000円
  • /畳んで持ち運べるストラップ付きの小座布団:7,800円

とのことでした。↓

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

市川 淳一(@ichikenoffice)がシェアした投稿

1点5~6万円以上、というと確かに気軽にポンと買えるお値段ではないですけど、

  1. 自分のカラダのニーズに合わせたフルオーダー品
  2. 最高の寝心地が手に入る
  3. きちんと手入れをすれば長ーく使える

ことを考えると、決して手が出ないというほどでもないですよね。

ベッドのマットレスもそれなりの品質のものを買おうとすると結構なお値段がしますし…

あとは静岡に直接足を運べる人限定にはなりますけど、「新貝ふとん店」では定期的にセールを実施してるという情報も。

最大で半額になる商品もあるそうなので、運が良ければかなりオトクになりますよね!地元民の皆様ウラヤマ~!

新貝ふとん店 手作り木綿布団の注文方法

一番簡単で確実なのは、

静岡にある「新貝ふとん店」に出向いて新貝さんと直接話しながら詳細を決め注文する

という方法ですね。

もちろんそちらに行ける距離の方限定になりますが…

ウーンさすがに直接行くのはムリ…という場合は、

新貝ふとん店ホームページのお問合せフォームに名前・住所・連絡先や希望内容を入力し内容を送信

して返信を待つ、という形に。

お問い合わせ|【新貝ふとん店】綿100%の敷布団を製作
新貝ふとん店は、寝心地のいい綿100%の木綿わたの敷布団を製作しています。

翌日以降にお店から返事が届くようなので、その後は

(1)電話で直接話をするか、
(2)メールやフォーム経由でやり取り

をしながら、注文したい内容について打ち合わせをする、という流れになるかと。

基本はフルオーダーということで、

  • 自分のライフスタイル
  • カラダの問題点
  • 睡眠に関するニーズ

など、かなり細かいところまで確認していく作業になるので、仕上がりまでそれなりの期間がかかってしまうわけですね。

ちなみに公式ホームページによると「予約からお届けまで3カ月以上」とのこと…

ですが最近はかなり注文が殺到しているようなので、実際には半年位は覚悟?しておいた方がよさそうです。

でもそれで最上の睡眠が得られるならエンヤコラ!

スポンサーリンク

通販での購入は?

ここまで見てきて新貝さんの作るお布団にもう興味津々!

せめて座布団だけでもお手軽に通販で買えないかしら…

楽天アマゾンYahoo!ショッピングなどの主な通販サイトをひと通りチェック。

ですが現在新貝さんの木綿布団を扱っているショップは見つからず…残念~!

確かに手作り木綿布団の良さはフルオーダーでこそ引き出されるもの。

なので「既製品を通販で」という売り方には少々ムリがあるのかもしれませんね。

せっかく「日本一のふとん職人」の布団を購入するのなら、やはり多少お値段が張っても自分のニーズに合わせた一点物をお願いしたいですし^^;

それでも新貝さんと同じ寝具製作技能士の資格をもつ腕利きの職人さんが手作りしているという木綿布団が見つかったので、よろしければ御参考までに^^↓

新貝ふとん店の店舗情報

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

綿工房なづき(@naduki_likes_cotton)がシェアした投稿

【綿匠 新貝ふとん店】
住所:〒424-0206 静岡県静岡市清水区興津清見寺町156-5
(興津(おきつ)駅出口から徒歩約17分)
電話:054-396-0350
営業時間:朝9時〜夜8時
定休日:ナシ(すごい!)
公式サイト:

綿匠 新貝ふとん店|寝心地の良い綿100%の手作り布団
綿匠 新貝ふとん店の手作り布団は、綿100%です。お客さまのオーダーに合わせて製綿から仕上げまで一貫して丁寧に作業していますので、他にはない寝心地の良い木綿布団に仕上がります。

布団の制作販売以外に布団の打ち直しクリーニング羽毛ふとんのリフォームなどのサービスも。

カラダにやさしい手作り布団のお店」として静岡に店を構えて90年

布団の出荷額は全国第2位 !だそうです~

気取らない店構えですし、地元の人達には昔から当たり前に愛されてるお店のようですね^^↓

新貝晃一郎のWiki風プロフィールと経歴


一番最後になってしまいましたが、日本の誇る「ふとんの匠」「現代の名工」の新貝晃一郎さん。

一体どれだけスゴイ方なのか、その経歴や受賞歴を以下、Wiki風プロフィールにまとめてみました。

新貝晃一郎(しんがい・こういちろう)
1964年生まれ(現在56歳?)
静岡県旧清水市(現静岡市清水区)の出身

高校卒業後は、布団の専門学校(こんな専門学校があったとは!)の東京蒲団技術学院(現在は閉校)に。

同校在学中から布団屋で修業をはじめ、ふとん職人としての経験を積む。

2001年には新貝布団店代表の代表に就任(3代目社長)。

なお新貝ふとん店はお爺さんの代から90年近く続く老舗

本業のかたわら寝具製作技術を広める活動も。

とりわけ布団の「角(かど)作り」と角の隅々までしっかり綿を入れる「角(かど)出し」の技術に関しては業界における第一人者。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ウメナ寝具本店(三島のタオル屋さん)(@umena.sleep.magniflex)がシェアした投稿

「日本一のふとん職人」新貝晃一郎の受賞歴
  • 令和元(2019)年度「黄綬褒章」受賞
    (社会の模範となる経営者や職人に天皇陛下から授与される賞)
  • 平成29(2017)年度「現代の名工」受賞(当時53歳)
  • 国家検定 1級寝具製作技能士
  • しずおかの匠 静岡県技能マイスター
  • 厚生労働省 ものづくりマイスター
  • 全国技能士会連合会 寝具製作マイスター
  • 第15回全国技能グランプリ優勝・労働大臣賞
    (1)掛ふとん製作(2)敷ふとん製作(3)座布団製作(4)円形座布団製作の全課題を1位の成績で優勝し、4つの技能士マイスターを取得。
  • 静岡県技能競技大会 最優秀賞・県知事賞
その他の活動
  • 中央技能検定委員、職業訓練指導員として寝具技能士の育成
  • 技能グランプリ大会の競技委員として運営に関与。
  • 45歳で全国寝具技能士会連合会の理事に就任。
  • 現在は副理事長さらに全国綿寝具工業組合連合会常任理事として活躍。
  • 静岡県寝具製作技能士会長や県わた寝具商工組合理事としても活躍、「MADE IN SHIZUOKA」のブランド向上に努める。

さらにさらに新貝さん、2019年にはナントあの英国チャールズ皇太子に三種類の座布団を寄贈していました。スゴーイ!

新貝晃一郎の家族(嫁、子供)は?

新貝さんは一般人なので、御家族については特に公開されていません。

ただ2019年に黄綬褒章(模範となる経営者や職人をたたえる勲章)が贈られた際、「ものしょく」という全国の優れた職人さんを紹介するサイトの取材を受け、次のように語られていました。↓

布団のことばかり考え、家族旅行や娘の発表会にも行けなかった

さみしい思いをさせたかもしれない。

支えてくれた多くの人に感謝を伝えたい。

出典:静岡)黄綬褒章の新貝さん ふとん作り一筋36年 ものしょく 

なので、普通に結婚されて奥様と娘さんがいらっしゃるのではないかと思われます^^

まとめ

以上、「日本一のふとん職人」新貝晃一郎さんの手作り木綿布団の価格や注文方法、口コミ評判などについて調べてみました。

長くなってしまったので、もう一度ココで簡単にまとめを… ↓

  • 新貝さんの手作り布団は柔らかいのに適度な反発があり寝心地バツグン
  • 基本はお客さん一人一人の要望や生活スタイルに合わせた注文生産品
  • なので値段も定価はないが、目安としては掛け布団で約6万円~?
  • 注文は静岡の新貝ふとん店で直接、または公式HPから(お問合せページ)
  • 全て新貝さんの手作りのため、注文から受取りまで半年以上待ち

といった感じです。

全人生をかけて詳細までトコトンこだわり続けた「ふとんの匠」。

そんな新貝さんの手作りフルオーダーの木綿布団の寝心地はまさに夢見心地…?!

これまで当たり前のように寝具はベッド一筋だったので、日本伝統の手作り木綿布団の素晴らしさに改めて感動。

叙勲後もおごることなく技を磨き、布団に魂を込める生粋の職人の新貝晃一郎さん。

今後ますますの御活躍を楽しみにしています!!

タイトルとURLをコピーしました